スタッフインタビュー1詳細

皆が笑っていられる関係をいつも心がけています。

理学療法士 主任
リハビリテーション科 理学診療科 
2010年4月入社
体の動きを全体でとらえ、回復へ導く

理学療法士の仕事は、歩く、座るなど患者さんの全体的かつ基本的な体の動きを回復させていくこと。日常生活の作業の動作を訓練する作業療法士と連携しながら進めていくことも多いのですが、洗濯物を干したかったら肩を上がるような訓練をするなど、目標に向かって回復の流れを作っていくのも役割の一つです。
小学校から高校までバスケットボールをやっていたのですが、その時から運動による体の動きやケガの治し方に興味を持っていました。
大学在学中はスポーツトレーナー職を志望していたのですが、チームの勝敗に左右されやすい職業でもあったので、就職先はリハビリテーション病院を選びました。
千葉で3年ほど経験を積み、結婚を機にここで勤務することになりました。キャリアを積み、今は主任として若いスタッフを取りまとめていく役割も担っています。

院外へ出ての研究協力、情報収集も積極的に行っています。

個人的に自分の興味の延長線上に仕事があるので、とてもやりがいを感じています。知識と経験を積み、それをうまく患者さんに還元できたときは嬉しいものです。
医療の進歩と高齢化など、理学療法はどんどん進化してきています。もっといいリハビリがあるのではないかと、院外へ出ての研究協力、情報収集も積極的に行っています。最新情報を現場に伝え、フィードバックしていくことも重要な役割だと思っています。(院長が気さくな人で、院内業務を重視しすぎることなく外へ出ていいと言ってくれるので助かります!)
また、主任として若手の育成にも力を入れていますが、子育て世代のスタッフは時間が限られています。無駄な労力をかけさせない、シフト調整を工夫するなど、個別に柔軟に対応しています。
ここは院長をはじめ医師とも話しやすく、全体的に風通しの良い病院だと思います。

皆が笑っていられる関係にしていきたい

車椅子ではなく自分で歩きたい、孫を抱きたいなど、目標がある患者さんはリハビリに熱心に取り組めます。スタッフも同じではないかと思います。
学校を卒業し、大きな目標や希望に燃えて仕事に就いても、モチベーションが低下していく最大の理由は、心にゆとりがなくなっていくからではないでしょうか。きちんと休んで、プライベートを充実させる。ゆとりが出てくると、仕事をより高めていきたいという意欲が出てきます。私自身もそういった環境づくりを心がけて行こうと思っています。
患者さんもスタッフも「やっていて楽しい」と思える環境が一番です。お互い笑っていられたら、より多くのことが実現できると思います。

一覧ページへ